ゴルフのルールが変わりました

on 1月. 10, 2019

こんにちは

ゴルファーのみなさまにお知らせです

2019年1月1日からゴルフのルールが変わったのはご存知ですよね

今日は主要なルール変更をカンタンに説明しておきましょう

IMG_3123.CR2

・準備できた人から打っても OK

従来の「ピンから遠い人が先に打つ」ではなく、遠い近いに関係なく

準備できた人から打っても良くなりました

 

・ピンを立てたままパッティングしても OK

グリーン上にある球をプレーする際、従来のようにピンを抜かなくても OK になりました

もちろん抜いても構いません

 

・アンプレアブルを宣言すればバンカーの外からプレーできる

バンカーに入った球を「こりゃ脱出不可能だ」と思ったら、アンプレアブルを宣言して2打罰で

バンカーの外から打つことができます

またバンカー内の木の葉や虫の死骸など(ルースインペディメント)を動かすことも可能になりました

 

・距離計が使用できるようになりました

市販の距離計を使用できるようになりました。ただし高低差を測れる機種は使用不可です

 

・うっかり球を動かしてしまっても無罰

球を探している時やグリーン上の自分の球を偶然動かしてしまっても無罰になりました

ラフに埋もれた球を誤って踏んづけたり蹴ってしまっても、無罰で元の位置に戻せます

 

・OB やロストボールになった場所の近くからプレーできる

球を紛失したり OB になった場所の近くに2打罰を受けて球をドロップすることができます

これはローカルルールとして認められているだけで、プロや上級アマの試合では適用されません

セルフで回っている時など、ロストしても元打った場所まで戻る必要がありません

 

・「ペナルティエリア」が誕生

池や川などのウォーターハザードはペナルティエリアとされ、1打罰でラテラルウォーターハザード

(赤杭や赤線で区切られた場所)と同じ救済措置が受けられます

池や川に入った後方線上からではなく、入った所の横から1打罰でプレーできます

 

・ドロップは膝の高さから

球をドロップする場合、従来の肩の高さではなく、必ず膝の高さからドロップするようになりました

 

・2度打ちの罰がなくなった

ワンストロークで2回クラブに球が当たっても(2度打ちしても)ワンストロークとなります

 

・打った球が自分やキャディに当たっても無罰

ストロークした球が自分やキャディさんに偶然当たっても無罰になりました

 

以上、アベレージゴルファーがよく遭遇する場面の変更箇所を抜粋し簡単に説明してみました

くわしくは専門書や JGA のホームページでチェックしてください

この他にもいくつかのルール変更があります

 

今回の変更のほとんどがプレーのスピードアップを目指したものです

ルールを理解して「PLAY FAST」で行きましょう!

スクリーンショット 2019-01-10 20.27.47

それでは

ENJOY !

« »